カート マイページログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

小山酒造

国道国道122号線より母屋をのぞむ

中村不折の筆による額

☆★╋╋…‥・━╋…‥‥・☆★・★☆・‥‥…╋━・‥…╋╋★☆

『東京都23区で唯一残る酒蔵』

江戸の地酒・丸眞正宗 *** 醸造元・小山酒造株式会社

明治11年創業以来 酒造りにとって最も重要な“恵み”


自社井戸地下130mから汲み上げ、中硬水の特徴と
水本来の味を活かし、スッキリ喉越しの清酒を丁寧に手づくり☆

匠の技 職人さんの想いに注目!

低温倉庫をフル活用し、常に醸造を行い、新鮮な清酒を お届け出来るよう努めている。

新潟の越後杜氏さんがチームでやってきて、9月から5月まで住み込む珍しい酒作り。

 ★.:*:・………‥‥・・  ━━━━━
  酒造の四季 ★東京・小山酒造の暮らし 
 ━━━━━  ・・‥‥‥……… .:*:・'★  小山 織 著書

魂を醸す日々

東京都区内に唯一残り、伝統的な日本酒造りを頑なに守る小山酒造。

そこに生まれ育った著者が、酒蔵の心豊かな四季の暮らしと、厳粛な日本酒造りの毎日を細かく描く。

東京サミットでも飲まれるまでの120年にわたる感動の物語。

まさに極上の逸品。

昭和16年戦争に突入。
小さな蔵は、大規模な蔵に吸収合併されたり
廃業を余儀なくされた。
また、埼玉県との県境にあるとはいえ
東京都内であるこの一帯 爆撃は激しく、
蔵内に防空壕を掘り、そこに逃げ込む日々。

酒は文化であると人はいうが、その前に酒は暮らしに根差した
必需品なのだ。出征する兵士を見送る時、
別れの盃に酒が無くてははじまらない。
どのような工面をしてでもそうした時 人は酒を調達する。

…小山酒造の蔵は、町の人々に見守られ、
そうした不幸にも遭わなかった。

…暗黙の覚悟が出来ていた。
しかし、米軍は占領後の交通の便宜のために
荒川大橋を爆撃しなかったのである。
幸運にも橋の袂に位置する小山酒造の蔵は、救われたのだった。

…戦争が終わると、蔵人や従業員が次々と戻り、蔵は息を吹き返した。

こうした事情で幸運にも、小山酒造の蔵は、
東京都23区のなかでただ1軒生き残ったのだ。  

蔵で造った酒を直売する店を始めたのは大正の初め。
その店に一隅は居酒屋に造られ今も継続されている。

井戸

★.:*:・………‥‥・・━━━━━
「愛酒報国」★その心は‥
伝統産業としての酒造りへの尊敬を表し
かつ酒を大いに飲んで酒税を払い、
国に寄与しようということであろうか。
━━━━━・・‥‥‥……… .:*:・'★
現在も この蔵の旧岩槻街道に面する門のわきには
道行く人の喉を潤すために清水の蛇口があります。
「一口飲んで 元気をつけて」と墨書きした札を
門のわきの蛇口の上に掛けて大震災で被災した
人々を勇気づけたのだった。
━━━━━・・‥‥‥……… .:*:・'★

今回、弊社の器とセット販売する 
小山酒造さんのお酒は「本格辛口」
昔ながらの製法 辛口仕上げ
冷や~熱燗などお好みでどうぞ
アルコール度 15度

小山酒造さん曰く、
23区内に残る唯一の造り酒屋。
名実共に「江戸の酒」を醸す。酒銘は「丸まる本物の酒」の意味。
この心を大切に、まろやかな酒を造っています。
今後とも最高の味わいを保ち、東京の地酒・江戸の地酒として
皆様に ご賞味頂けますよう努めて参りますので
幾久しくご愛飲をお願い申し上げます☆

五臓六腑に染みわたる!
美肌にも良し!

世界からも注目の日本酒‥

たまには、晩酌にいかがでしょうか

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

※ 【ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015 金賞受賞】  

「丸眞正宗 純米吟醸」 メイン部門 金賞受賞!

・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・∴・*:*・

全国の蔵元の皆さんが丹精込めて造る日本酒

世界で ますます日本酒が注目され盛り上がっています☆☆☆

※「Esprit Dior Tokyo 2015」
ブランド Dior コレクション 開催地 東京・両国国技館。
世界のトップクリエイターが一堂に集結したパーティーでは
ます酒も振る舞われたようです。

*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*・⌒・*

小山酒造株式会社

東京都北区岩淵町26-10

℡ 03-3902-3451

URL:http://www.koyamasyuzo.co.jp

見学会などイベントも行われ、試飲も勿論出来ます。

どうぞ直接ご予約下さい。

ページトップへ