カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

ウマノアシガタを持ったウサギ

イースターでは鮮やかに彩色された卵や、美しく包装したゆで卵を出す習慣があります。 卵は誕生を表す生命のシンボル、イエスが復活したことに結びつけています。 また英語圏やドイツではこの卵はウサギが運んでくるとされています。ウサギは一度にたくさんの子どもを産み、繁栄・多産の象徴です。つまり、ウサギも卵も寒く暗い冬から春になって、復活や生命の誕生のお祝いにぴったりなのです。 イースターは毎年変わります。春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日。 2012年のイースターは4月8日(日)です。

ウマノアシガタを持ったウサギ

メーカー:KWO工房
型番:A42007
価格:

3,703円 (税込)

[ポイント還元 37ポイント〜]
購入数:

在庫

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

卵は誕生を表す生命のシンボル。またドイツではこの卵はウサギが運んでくるとされています。ウサギは一度にたくさんの子どもを産み、繁栄・多産の象徴です。つまり、ウサギも卵も復活や生命誕生の象徴です。プレゼントにも喜ばれる匠の逸品です。

■ 商品仕様

製品名ウマノアシガタを持ったウサギ
型番A42007
メーカーKWO工房
外寸法 高さ101mm

ウマノアシガタを持ったウサギの女の子(日本名) 英名は『Butter cup』です。 日本のウマノアシガタと全く同じではないですが、似た花が4月になると野原いっぱいに群生します。 別名、キンポウゲは俳句では春の季語とされています。 名前は葉の形状が馬の足型に似ている事や、花の形状が蹄鉄を使用する以前に、蹄鉄の代わりとして使用されていたウマグツ(馬沓)に似ているなどいくつかの説が存在します。 京都・貴船神社より

(英語:Easter egg)とは、復活祭(イースター)の休日もしくは春を祝うための、特別に飾り付けられた鶏卵である。 元来染めたり塗ったりした鶏卵(ゆで卵)を使う。 英語圏やドイツにはこれらの卵をイースター・バニーというウサギが隠すという伝承があり、復活祭の朝に子供たちは隠された卵を探す。 フランスやイタリアでは教会の鐘が運んで来て 誰が一番多くの卵を集められるか、競争をするときもあるそうです。

ページトップへ